新たな医療行為 インプラント手術をカンタン解説

インプラントは医療において使用される治療方法で歯科において使用するときはデンタルインプラントと呼ばれています。

新たな医療行為 インプラント手術をカンタン解説

医療におけるインプラントとは

インプラントとはどのようなものであるかというと、永久歯を失ってしまったときにおける噛み合わせを回復するための治療方法のひとつとなっています。
もともと、インプラントとは医療業界において、さまざまな器具を体に埋め込んで固定するという治療のことを言います。
つまり、骨折などで治療に際して固定する必要があるときに使用されるボルトなどもインプラントであると言えます。
そして、歯科治療において使用するときはデンタルインプラントと呼ばれます。
しかしながら、一般的にインプラントと呼ぶとデンタルインプラントのことを指します。
では、デンタルインプラントにおいてはどのような治療が行われて、どのような効果やメリットがあるのかというと、永久歯を失った箇所のあごの骨に穴を開けて人工の歯根を埋め込みます。
そして、埋め込んだ歯根を土台として、人工の歯を装着します。
それによって噛み合わせを回復するものです。

デンタルインプラント治療の効果としてまず挙げられるものが、確実な噛み合わせを回復することができることです。

従来の部分入れ歯などの方法では安定感に欠けるなどのデメリットがありましたが、デンタルインプラント治療においては人工の歯根を土台としていることから安定した噛み合わせを回復することができて、物をしっかりと噛むことができます。
また、装着する人工の歯も精巧に作成されることから、装着したときの見た目にも違和感がないこともメリットのひとつです。

おすすめリンク

Copyright (C)2018新たな医療行為 インプラント手術をカンタン解説.All rights reserved.